スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《神宮球場》ヤクルト-広島

試合前に予想してたオーダーと、実際のオーダー。

<ヤクルト>
1 中 青木宣親⇔二 田中浩康
2 二 田中浩康⇔右 アーロン=ガイエル
3 左 アレックス=ラミレス
4 右 アーロン=ガイエル⇔中 青木宣親
5 捕 古田敦也
6 一 アダム=リグス
7 遊 宮本慎也
8 三 飯原誉士
9 投 石井一久⇔投 石川雅規
<広島>
1 二 東出輝裕
2 中 アレックス=オチョア⇔左 井生崇光
3 一 栗原健太
4 三 新井貴浩
5 左 前田智徳⇔右 嶋重宣
6 遊 梵英心
7 右 嶋重宣⇔中 廣瀬純
8 捕 倉義和
9 投 長谷川昌幸

広島のは、前田が居なかったのが個人的に凄く残念でしたね。
ヤクルトは 「1番田中浩康」 でイキナリ驚かされて、そして4番青木でしょ?w
あの時はかなり驚いたんだけど、冷静に考えるとコレ 「古田にチャンスが一番回りやすい打順」 なんだよね。
チームどころかリーグで最も打率の高いラミレス・青木を古田の前に据える事によって、古田が先頭打者になる確率を減らし、なおかつ得点圏で古田の打順に回る可能性が最も高くなるオーダー。
お立ち台の可能性を高くしようとしたんだろうね。

ついにこの日がやってきた。
90年代最高の捕手であり、恐らく近年で最も人気のある野球選手であろう古田敦也の引退試合。

昼過ぎに出て2時頃に着いたんだけど、既に外野席入場列は物凄いことに…。
bekkiが先に着いてなかったらまず座れなかったね^^;
すんげぇ打順

追記~。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。