スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きて

ます。

いやぁ、ずっととある作業をしていて忙しかったといえば言い訳なんですがwwwww
起きてる時間はほぼ作業をしてましたが、寝てる時間の方が圧倒的に多いというね…。
ま、作業の実が結ぶかどうかは15日にならないと。機が熟したら何のことか書きますねー。


昨日はその作業以外に、色んな交通関係の調べ物もしなきゃいけなかったんで面倒でした…。
2月14日に福岡に行くので、その手段とか…2月27日の札幌行きの手段とか。
とりあえず、札幌行きの手段は何とか決まりそうなのでよかったよかった。福岡行きは多分今日明日にでも。
まだ2月21日~22日の大阪→名古屋行きもあるけど、それは追々…。

とりあえずは目の前…2月7日伊勢原市民文化会館、8日愛知県芸術劇場での茅原実里2nd Live Tour!
どちらもかなり良い席なので楽しみですよー!!



…っと!そういや書くのすっかり忘れてた。4日はこれらの発売日でしたね。
Message 02 [DVD]Message 02 [DVD]
茅原実里


Brave your truthBrave your truth
Daisy×Daisy


木漏れ日の花冠(初回限定盤)(DVD付)木漏れ日の花冠(初回限定盤)(DVD付)
田村ゆかり



「木漏れ日の花冠」を一回り聴いた感想については追記欄に。
自分のゆかり愛を再確認出来た、良いアルバムだと思います☆



<ニュースや小ネタ等>
「何かを変えないと…」クルーンがツーシームに挑戦
クルーンはこの向上心も長所なんだよね。毎年新球挑戦してるでしょ。

ついに巨人が応える!長野1位指名決まった!
長野「ありがたいが今年1年に集中」
いや、いいけどさ…モチベーションに繋がるから公に言うなよ…。あと半年待ってから言ったってバチ当たらないぜ?
長野がこういうコメント出してるのがせめてもの救い。

球児横手投げ…仰天!火の玉浮いた!!
浮いたんじゃなくて、高めにすっぽ抜けただけだと思う…。
理論的におかしくない?球児は人一倍強い逆回転がかかってるから浮くようなストレートが投げられるわけで、サイドから投げたらその回転軸がずれて浮揚力は間違いなく落ちるはずでしょ。
勿論、人より回転数のある球を投げてる以上、サイドで投げても特殊な球筋にはなるだろうけどね。

WBC難題発生!! 涌井の投球フォームに「違反」
何で第1回WBCの時の大塚のフォームがOKだったんですか?
どうも基準がわけわからん。

巨人史上最強テスト生!アルフォンゾ来日
>メジャー通算1532安打、146本塁打
うわぁ、紛れもないメジャーリーガーだ…!これは見てみたい。

燕・ガイエル、本人知らぬ間に…カナダ代表候補
知らぬ間にってどういうことだよwwwwww適当だなw

キムタク大暴走!?タブーを破ったSMAP
森君に関するちょっといい話。

「犯人」は誰!? ウワサ広がる「Miiで指名手配」の不思議
え、これ誰かが勝手にやった奴だったのかwwww

スイス警察、Google Earthで大麻畑を発見
犯人涙目wwwwwwwwwwww

水樹奈々「偽ナネット!?」
キモイ生物吹いたwwwwwwwwwww
これの鳴き声(?)が例の「お゛奈々お゛姉さーん(CV:田村ゆかり)」なわけですね、わかります。


ロゼットひと回り聴いてみた感想。
なんか今までの曲を彷彿させる曲が多くてイイカンジ!
具体的には


 01.恋のアゲハ → Black Cherry
 02.アンジュ・パッセ → summer melody
 03.パピィラヴ → 童話迷宮
 05.エトランゼ → Amazing Kiss
 07.Kiss Away~幻の森~ → POWDER RAINBOW
 09.嘆きの丘 → 月華
 11.Cherry Kiss → candy smile
 12.ひとひらの恋 → 結構多いタイプ



こんなとこ。まぁ1回聴いただけのイメージで、だけど。
前回の「十六夜の月、カナリアの恋。」は、今回みたいな「○○っぽい」って感じがほとんどない、むしろゆかりんとしては珍しいタイプの曲が揃ってたと思うんだ。 だからってわけじゃないけど、結果的に自分としてはあまり高い評価は与えられなかった。

対して、「今までのゆかりん」が好きな俺としては、「○○っぽさ」が多く感じられる今回のアルバムは好きだね~。いろんな路線に挑戦するのはいいけど、今までの路線が一番いいと思うわけですよ。
一番「○○っぽさ」が感じられなかった曲、「Luminous Party」「Shooting Star」は、作曲者を見てみたらやはりお初な方でした。聞き込みによる味わい深さが出る事を期待。



そして個人的に今回一番の目玉は…そう、柘植敏道さんですよー。
「Traveling with a sheep」「POWDER RAINBOW」「月のメロディー」と、曲数こそ少ないけれど全てゆかりんの中でもトップクラスの名曲「しか」生み出してこなかった柘植さん。
「Kiss Away~幻の森~」はそれら名曲の系譜を継ぐ事が出来るか…?楽しみです。

いつもの太田さんの曲も「恋のタイムマシン」みたいな「いかにも太田さん!」って曲じゃなくて、ちょっと変化球な太田さんの曲が多くて良かったです。「エトランゼ」でアメキスの雰囲気を感じたように、ね。

バンビナととぅもろーはアレンジバージョンが収録されてますが、パッと聴いた感じでは原曲との違いが見つからなかったのは気のせいですか…?(;゚Д゚) まぁスピーカーだし…イヤホンで聴けば違って聞こえるのかもしれない…orz



ただ…今回ダウナー系の曲が入ってなくて残念。「不可触な愛」「君をつれて」みたいなタイプも大好物な僕としては。
自分の中ではゆかりんの曲の一番いいところは「歌い方の多彩さ」だと思ってるので、そういうダウナー系もどんどん出していって欲しいなー…と。 曲名をみただけの段階ではてっきり「嘆きの丘」がダウナー系かと思ってたけど、全然そんなことなかったですねwwwww


ライブということを考えると、コールはどれも全然イメージ湧いてきません(笑)
奈々さんとかみのりんは聴けば大体イメージ湧くけど、ゆかりんの場合はそんな簡単なものじゃなく…
実際ライブに行って見ないと何とも、っていう面が大きいんだよね^^;
「ラブリィ レクチャー」とか実際そうだったでしょ?www>ゆかりちゃん祭り参加者
ゆかりんの現場のエロい人達ってホント凄いと思うwwwwwww

まぁ今回は「十六夜」の時とは違って単発ライブじゃないから中途半端なことにはならないと思うので、それなりに安心。(武道館の時は中途半端で微妙すぎたからなぁ…)  まったく、ゆかりん武道館があれだけ微妙だったのに、奈々さんのアルバムライブでまた西武ドーム単発でやるとか…みっしーは何を考えてるやら(苦笑)




まぁ何にせよ、自分にとってゆかりんはそもそもの「声」が誰よりも好きなだけあって、
どの曲を聴いていても心地よさを感じられます。
ことあるごとに「俺の原点はゆかりん」だと再確認している気がするなぁ…。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。