スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍ジャパン

…という名称はあんま好きじゃないですが^^;
国際試合という意味では初陣となったオーストラリア戦。もちろんTV放送は全部見てましたー。
基本野球でもない限りTV付けないんで、TVも久々の仕事になったw


結果は8-2快勝。
基本オーダーはこんな感じになるようだ。
 1 左 青木宣親
 2 遊 中島裕之
 3 右 イチロー
 4 指 稲葉篤紀
 5 三 村田修一
 6 一 小笠原道大
 7 中 福留孝介
 8 捕 城島健司
 9 二 岩村明憲


打線は何より4番稲葉が機能しまくり。今からこんなに好調で大丈夫か(笑)
打順は1番青木、3番イチロー…俺の理想とピッタリ。二人とも本質は1番打者だと思うけど、どっちの方が1番の適正が高いかと言ったら青木だと思うんだよね。1番打者は第一に出塁率が求められると考えてるんで、四球が比較的少ないイチローよりは青木の方が適正は高い。走力は遜色ないしね。
2番中島、5番村田、8番城島と所々に右打者を配置。右打者の配置的に村田を5番に置くしかないんだけど、個人的にはあんま村田を高い打順に置いてほしくないなぁ…というのが本音。城島と村田入れ替えてもいいかも…。

もし俺がこのメンバーでオーダー組むとしたらこうなるかなぁ。
 1 左 青木宣親
 2 遊 中島裕之
 3 右 イチロー
 4 一 小笠原道大
 5 捕 城島健司
 6 中 福留孝介
 7 指 稲葉篤紀
 8 三 村田修一
 9 二 岩村明憲

中島の2番はそんなに薦めたくないけど、このメンバーって制限だとどうしても2番に右打者置きたいんで、そうなると中島以外に適任が…。俺の中じゃ1番青木、3番イチローは最重要で固定ポイントなのでね。
パッと見た感じでは一番打線が切れやすそうな選手は村田。この打線だったら村田で打線が切れても、次の回から1番岩村→2番青木→3番中島→4番イチローって繋がりが生まれるし、面白いと思ったんだけどね。
まぁ、小笠原の4番を推奨したいだけですすみませんwwwww

んで件の村田はもっと一発狙いでもよかった。なんかチャンスでゴロばっかだったけどさ、ランナー3塁で進塁打とか村田には求めてないよ。むしろ4番稲葉が繋ぎで、5番村田はホームランか犠牲フライを狙ってほしかった。村田が三振しても後ろに小笠原、福留と控えてるわけだしさー。
犠牲フライという点では、犠牲フライでの得点するケースが多く、結構いい感じだと思った。犠飛は大事。


投手は誰もが思ったようにダルビッシュが問題。あまりにも抜ける球が多かったが、大丈夫か?
まぁそんなに心配はしていないが…あんなダルビッシュ初めて見たからさー。
岩隈は低め低めで流石だねー。いいスライダー投げてたわ。
残りの岩田、小松らも見ておきたかったんだけど、登板シーンカットされてて涙目(´;ω;)


まぁ、なんというか、オーストラリアもエラーとか多すぎだ。微妙といわざるを得ない。
まだまだ判断するには足りないなぁ。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。