スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki-阿知賀編巡礼記 -奈良県吉野郡-

19日は神戸遠征からの帰宅ついでで、
咲-Saki-阿知賀編の舞台となった奈良県吉野郡の観光が目的です。
8時半頃心斎橋のカプセルホテルを出発。

 08:53 難波 → 08:59 天王寺(JR関西本線 ¥160)

吉野へ一本で行けることと、あべのハルカスを一度見たいという2つの理由で天王寺へ。
121119_090844.jpg
多分コレが "日本で一番高いビル"\あべのハルカス/
「多分」というのは、周辺にこれがあべのハルカスだと確証を持てる看板等がなかったため。
あまり時間が無かったので…。

 09:20 大阪阿部野橋 → 10:53 吉野(近鉄南大阪線 ¥950)

下市口で荷物をロッカーに預けたかったけど、吉野線は30分に1本しか出てないため断念。
仕方なく終点吉野駅まで直行し、山を登ることにしました。



<吉野駅~中千本周辺>
ws[120406~]00019
(※青線は電車での移動、赤線は徒歩)

晩成高校・小走先輩の「ニワカは相手にならんよ(ドヤァ」でお馴染みの吉野駅前。
アニメでは右側にHoTei Mart(コンビニ)がある設定ですが、実際はみやげ屋などがずらりと並んでいます。
ロープウェーが1時間に4本ほど出ており、そこから散策コースへ。
001.jpg001b.jpg

ケーブルカーで登ったところ。
ケーブルカー内部も撮りたかったのですが、それどころじゃない程混みあっていたので断念^^;
フォントが特徴的なおみやげ屋の看板もケーブル乗り場の目の前にあります。
002.jpg002b.jpg
003.jpg003b.jpg
004.jpg004b.jpg

黒門を上の方から撮ったもの。
アニメでも車が走っていますが、この道意外と車が沢山通っています。
005.jpg005b.jpg

阿知賀編の中でも特徴的な場所、銅(かね)の鳥居
なんとこの鳥居は日本三鳥居の一つと言われていて、世界遺産らしい。スゲー…。そんなたいそうなものに見えな(ry
この場所はもう少し後ろから横にして撮ればよかったんだね(´・ω・)
3つ目は階段を登ったところから撮った写真。
006.jpg006b.jpg
007.jpg007b.jpg
008.jpg008b.jpg

上のアニメ画像で憧が居るあたりから穏乃の居る方向を見ると…第1話で穏乃たちが和と出会った場所が。
ちなみにこの先の階段を下りると、咲-Saki-DVD5巻初回盤の収納ボックスの背景の場所へ。
この先に当時の原村家があるという設定なんでしょうか。
実際には細い階段が続いてて、金持ちの原村家が住むような家はありそうにない場所だったけどw
011.jpg011b.jpg
012.jpg012b.jpg

小学生時の穏乃、憧、和が走っていたのは世界遺産・金峯山寺蔵王堂周りの道路。
アニメでは何故か階段の所に鳥居が追加されています。
残念ながら和がこけた辺りは現在工事中で、石垣が一部崩れていました…。
009_20121122013514.jpg009b_20121122013515.jpg
010.jpg010b.jpg
013b.jpg

蔵王堂を過ぎ、少し進んで振り返ると、「SquarePanicSerenade」の時のエンディング風景。
ある程度アレンジされて描かれているので、完全に一致する場所はないと思います。
016.jpg016b.jpg

更に行くと、左手に見えるのが新子家(という設定になっている)世界遺産・吉水神社
憧ちゃんち世界遺産だったんや…((((;゜д゜)))
神社内の絵馬掛けには案の定痛絵馬がw
014.jpg014b.jpg
015a.jpg015b.jpg

ここから先にもいくつか漫画やアニメで使われたスポットがありますが、
結構距離がある上に数も少ないので、中千本の辺りにあるらしいこの公園まで行くつもりだったけど、
時間の都合もあり到達出来ずに引き返すことに。
017.jpg


その他、比較画像なしでいくつかピックアップして画像を貼り付けて行きます。

吉水神社周辺
DCF_0043_20121122014236.jpgDCF_0044_20121122014235.jpg
DCF_0054_20121122014236.jpgDCF_0053.jpg

蔵王堂周辺
018b.jpg019b.jpg
DCF_0066_20121122014434.jpg
DCF_0071_20121122014433.jpgDCF_0072_20121122014433.jpg

銅の鳥居前の旅館(松実家)
DCF_0017_20121122014807.jpgDCF_0076.jpg

その他
DCF_0010.jpgDCF_0089.jpg
DCF_0095.jpgDCF_0084.jpg

紅葉シーズンということもあり、平日ながら意外と人が居ました。
休日だったら結構混むんじゃないだろうか…?



<吉野神宮駅~六田駅>

 13:08 吉野 → 13:10 吉野神宮(近鉄吉野線 ¥170)

ws[120406~]00020
吉野線が30分に1本しか出てないとはいえ、何を血迷ったのか
「吉野神宮駅から3ヶ所巡礼ポイントを廻りつつ、六田に13時45分頃までに着く」と目標時間を設定…

ws[120406~]00021ws[120406~]00022
↑こんな感じのルートで進み、目的の3ヶ所を発見。
ここは観光地ではなく一般の道路や住宅地なので、細かい場所は明記しませんが、風景の特徴と道筋から
なんとなくわかるんじゃないかと…w
(※ただ、2ヶ所目は地図に載せたルートが間違っている可能性あり。でも大体その辺です。)

020.jpg020b.jpg
021.jpg021b.jpg
022.jpg022b.jpg
他の巡礼ブログでも言われているけど、他にもっとモデルに適していそうな場所が近くに沢山ある中、
あえてこのポイントを表紙背景などに採用している咲-Saki-のセンスは謎w
住人以外まず通ることのないような道路の風景を採用しているんだもの。
そしてここを最初に見つけた人も凄いw
1ヶ所目と3ヶ所目はともかく、2ヶ所目はヒントがなければまず発見不可能でした…^^;

ちなみに、今知った情報なので全くノーチェックだったけど、どうやら2ヶ所目の撮影ポイントの直ぐ近くに
阿知賀編2巻の裏表紙の場所があるようです。
ということは、もしかしたら阿知賀編3巻の裏表紙もこの増口周辺なのかも?
025.jpg

当初30分ちょいで六田駅まで行くということにしていたけれど、
ただでさえ距離がある上に荷物があって疲労も溜まっている状態で30分で着けるわけがなく、
予定より1本=30分遅い電車に乗って六田駅から下市口駅へ。


<下市口駅~阿知賀地区>

 14:19 六田 → 14:24 下市口(近鉄吉野線 ¥220)

ws[120406~]00024ws[120406~]00025
阿知賀地区を探索するために残された時間は、往復して帰ってくる時間も考えて約1時間。
ギリギリになって走る必要が出たときのことを考え、荷物を半分ロッカーに預けて万全の体制w

吉野川を渡って振り返ると高い場所に大淀高校が。
校舎の形は全然違うけど、場所の雰囲気的には阿知賀女子に似ている…。
阿知賀女子学院は、他の巡礼ブログを見ても場所が特定されてないみたいなんですよね。
DCF_0112.jpg

左の写真は橋の上から。川沿いに山を越えた辺りが阿知賀地区となっています。
DCF_0123.jpgDCF_0113.jpg

ルートの地図を見れば場所は一目瞭然だと思うけど、とある小さな橋の上から撮ったのがこの写真。
023.jpg023b.jpg

上の写真の右側に写っている道に沿って登っていくと阿知賀小学校が。
廃校なので写真撮っても捕まりません(←
ここが直接的に阿知賀女子のモデルになっているってわけではないと思うけれど、一部参考にされている模様…。
阿知賀女子は複数の学校を組み合わせてデザインされた説が有力?
024b.jpg

こちらは阿知賀小学校のすぐ近くから撮った、阿知賀を見下ろす写真。
左側に見える山の手前側が大体の阿知賀の中心地です。そんなに広い地区じゃありません。
DCF_0118.jpg

これは確か阿知賀小学校を裏の方から見た写真。左上に写ってるのが多分小学校。
奈良の阿知賀地区なのに何故か「千里山」と書かれたコンテナがあったので、ついパシャリw
電話番号見る限り、本当に大阪の千里山の方から運ばれたものっぽい…w
まさかまさかの阿知賀と千里山の関連性(?)発見でした。
DCF_0119.jpg
この辺りで終電がやばくなり、探索終了して下市口駅へ戻ることに。

阿知賀地区にある(らしい)背景ではここ↓に行くのが最大の目的でしたが、
時間が足りず、どうしても見つけることが出来なくて断念しました。
少し高くなっている、右側に田んぼ(?)、右奥に山か林…等々
いくらか特徴的な場所ではあるものの、川や屋根といった大きなヒントがないので中々…。
028.jpg
ここを見つけるためだけにもう一度行きたいと思うレベルw
荷物少なめにして2~3時間歩けば流石に見つかると思うんだよな~。

それと、クロチャーの家の裏口も発見することが出来ず。
例の旅館にはこんな脇道存在しないし、もしかしてこれ吉野地区じゃないのかも…。
029.jpg
灼ちゃんのボーリング場も未特定。
地図を見ると下市口駅~大阿太駅間にボーリング場が存在するけど、どうやらそこは違う模様。
川と橋があるからかなり特徴的な場所なんだけどなぁ…。
030.jpg

 15:55 下市口 → 橿原神宮前 → 大和八木 → 伊勢中川 → 19:26 近鉄名古屋(近鉄線 ¥2220)
 19:43 名古屋 → 豊橋 → 浜松 → 22:51 静岡(JR ¥3260)

静岡にはなんとか終バスに間に合う時間に戻れました。
阿知賀巡礼で歩いた距離を計算したらなんと約13km…そんだけ歩けば当然筋肉痛にもなるってもんで、
乗り換えするたびに悲鳴上げてました('A`)
鈍行オンリーで乗り換えが多すぎるから下手に寝られないし、帰るだけでも一苦労。

まぁ、突発的に行こうと決めた割には色々見つけられたし、
純粋に観光としても中々いい感じの所だったので、とても楽しかったです。
時間帯的に逆光の写真が多くなってしまって良い写真が少なかったこともあるし、機会があればまた訪れたいなぁ。
今度はもっとじっくりと時間かけてねw



※「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」「咲-Saki-」の画像を比較のため引用させて頂いております。
※構図に関しては、厳密にシーンと同じ場所を探して撮ったわけではありません。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。