スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年間アニメ総括

去年と同じ感じで。





[★★★★★]

・ココロコネクト
・人類は衰退しました
・じょしらく


[★★★★☆]

・氷菓
・咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(※継続中)
・中二病でも恋がしたい!
・Fate/Zero 2ndシーズン
・ハイスクールD×D
・ROBOTICS;NOTES(※継続中)
・ソードアート・オンライン
・黒子のバスケ
・DOG DAYS'
・さくら荘のペットな彼女(※継続中)
・これはゾンビですか?OF THE DEAD


[★★★★]

・偽物語
・モーレツ宇宙海賊
・リトルバスターズ!(※継続中)
・ひだまりスケッチ×ハニカム
・アクセル・ワールド
・あの夏で待ってる
・マギ(※継続中)
・つり球
・境界線上のホライゾンⅡ
・絶園のテンペスト(※継続中)
・妖狐×僕SS
・男子高校生の日常
・めだかボックス
・アクエリオンEVOL
・イクシオン サーガ DT(※継続中)
・織田信奈の野望
・夏色キセキ
・カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~


[★★★☆]

・めだかボックス アブノーマル
・黄昏乙女×アムネジア
・ポケットモンスター ベストウィッシュ(※継続中)
・ゆるゆり♪♪
・しろくまカフェ(※継続中)
・PSYCHO-PASS(※継続中)
・戦姫絶唱シンフォギア
・あっちこっち


[★★★]

・探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕
・這いよれ!ニャル子さん
・シャイニング・ハーツ~幸せのパン~
・さんかれあ
・てーきゅう
・恋と選挙とチョコレート
・はぐれ勇者の鬼畜美学
・アマガミSS+plus
・輪廻のラグランジェ


[★★☆]

・リコーダーとランドセル ド♪
・テルマエ・ロマエ




[途中で積んでいる作品](※3話以上見たものに限る)

・未来日記
・ラストエグザイル-銀翼のファム-
・ギルティクラウン
・HUNTER×HUNTER
・キルミーベイベー
・パパのいうことを聞きなさい!
・新テニスの王子様
・BRAVE10
・坂道のアポロン
・うぽって!!
・謎の彼女X
・戦国コレクション
・輪廻のラグランジェ Season2
・トータル・イクリプス
・この中に1人、妹がいる!
・銀魂'
・超速変形ジャイロゼッター
・となりの怪物くん
・神様はじめました
・CODE:BREAKER
・ジョジョの奇妙な冒険
・K
・武装神姫






<分野別ランキング> ※基本完走したもののみで

●オープニング(映像との総合)
1.ゆるゆり♪♪ 『いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪』
2.じょしらく 『お後がよろしくって…よ!』
3.偽物語 『白金ディスコ』
4.中二病でも恋がしたい! 『Sparkling Daydream』
5.モーレツ宇宙海賊 『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』
次点.夏色キセキ 『Non stop road』
次点.輪廻のラグランジェ 『TRY UNITE!』


●エンディング(同上)
1.咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 『SquarePanicSerenade』
2.咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 『Futuristic Player』
3.じょしらく 『ニッポン笑顔百景』
4.さくら荘のペットな彼女『DAYS of DASH』
5.ココロコネクト 『Salvage』


●ストーリー
1.氷菓
2.Fate/Zero 2ndシーズン
3.ROBOTICS;NOTES


●ノリ
1.これはゾンビですか?OF THE DEAD
2.じょしらく
3.境界線上のホライゾンⅡ
次点.DOG DAYS'


●主人公
1.折木奉太郎 (氷菓)
2.加藤茉莉香 (モーレツ宇宙海賊)
3.兵藤一誠 (ハイスクールD×D)
次点.神田空太 (さくら荘のペットな彼女)


●ヒロイン
1.稲葉姫子 (ココロコネクト)
2.小鳥遊六花 (中二病でも恋がしたい!)
3.丹生谷森夏 (中二病でも恋がしたい!)


●声優(※キャラは特に声・演技が良いと思ったもののみ)
1.沢城みゆき (稲葉姫子/本多・正純/鎖部葉風/Y/神原駿河)
2.花澤香菜 (ゼシカ/髏々宮カルタ/松実玄/チアキ/常守朱/ノワール/不和愛花)
3.松岡禎丞 (神田空太/キリト/草薙護堂)
4.小野大輔 (緑間真太郎/点蔵・クロスユナイト/ラマさん/シンドバッド)
5.中村悠一 (折木奉太郎/グリズリー/大島裕樹/坂田金時/御狐神双熾)
次点1.小松未可子 (加藤茉莉香)





ISやUN-GOがあった去年とは違って、どう考えても★5だっていう作品は少なかったなぁ。
気分次第で4.5に落ちたり、5に上がったりしそうなものが多い。
氷菓あたりは5でも特に問題ないとも思うしね。
というのも、上位は特に、終盤失速してきた作品が多かった気がする。
人退しかり、中二病しかり。序盤のままなら間違いなく★5確定だったのでね。

かなり例外的だったのが「咲-Saki-阿知賀編」。
これは放送終了時の評価は★3.5だったけど、数ヵ月後に全話見直して
モデル地観光してきたことをきっかけに4.5まで上昇。やっぱり思い入れって大事。
逆に「あの夏で待ってる」辺りは、今改めて考えてそこまで面白かったか?
と思い返すと微妙なところだったので、4に格下げされてたり。

今年3つしかない★5の作品がすべて放送されていた夏クールが図抜けて良かったw
4.5も氷菓、SAO、DD'、黒子を放送してたし、
こういう総括日記書き始めてからは史上最高にレベルの高いクールだったかも。


声オタ的視点で言えば、男性声優の演技が光った年でした。
小野Dは個人的な好みの問題かもしれないけれど、
きっと松岡、中村両名は俺に限らず高評価だった人が多かったに違いないと確信してます。
同様に、女性声優に関しては沢城、花澤が図抜けてたかなと。

一般的にはアスナやイチカで戸松が評価上げてるのかな?
声優としての戸松遥を高く評価している、ということは今まで何度も公言していることだけど、
アスナやイチカのような役は個人的にはあまり好きではないので、
俺の琴線に触れることはなかったな。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。